トップページ > 卒業生の皆様へ

卒業生の皆様へ


  同窓会の皆様にはお変わりなくお元気でお過ごしの事と 存じます。
本年度より鷗翠会会長を務めさせていただくことになりました。
瀬尾啓子です。
長年に渡り、鷗翠会を支えてこられました池澤節子会長の後任ということで正直、責任の重さを感じております。
このような大任を仰せつかったのは初めてのことで、分からないことばかりで不安ですが、皆さまのお力をお借りしながら、一生懸命努めさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
                 


池澤節子前会長からの挨拶
鷗翠会ホームページをご訪問いただき有難うございます。
又、日頃より同窓会の活動にご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
近年、私達を取りまく環境、社会情勢は様々な変化を続け同窓会としても、その変化に対応せざるを得ない今日この頃でございます。平成16年より田中久子前会長より、会長を引き継ぎ、任期は3ヶ年と伺っていましたが、あっという間に14年も任期を務め今年は創立95周年を迎えました。皆様に申し訳なく思いつつ延引いたし至らないことが多々ございましたが、5月26日の役員会で新会長 瀬尾啓子様にバトンをお渡しする事になりました。
各役員、そして皆様のご支援を頂き母校の発展の為に大いなるエールを送りましょう。 
  池澤 節子


この度、ホームページの立ち上げに際し、学校代表致しまして、心より厚く御礼申し上げます。

大正12年の創立以来、多くの困難に立ち向かいながら今日、90年の歴史を刻みこむことができました。この歴史は歴代の理事長、校長先生及び多くの教職員の方々のお力添えはもちろんのこと、多数の卒業生の温かいご理解があったからこそと重ねて感謝申し上げます。本校はこの90年を一区切りとし、平成26年4月より兵庫大学附属須磨ノ浦高等学校と改名し、100年に向かって力強く歩み出す事となりました。皆様方にはこれまで同様、本校へのご理解とご支援をお願いし、創立以来建学の精神の「以和為貴」を支えとし、益々のご発展を心より念じております。

                           兵庫大学附属須磨ノ浦高等学校  校 長 河野 幸星



 
平成30年 2月28日

午前中は今年卒業の各クラス代表と幹事役員との
顔合わせがありました。

① 校長先生のご挨拶
② 会長の挨拶
③ 1組から11組代表の自己紹介
④ 第70回生の代表決定 影浦怜奈さん
⑤ 本日出席の自己紹介
⑥ 会則
を 皆で読み上げご理解頂きました。
             (第一条・第三条・第十一条)

        
 平成29年度 送別の集い
 開会の言葉から始まって、校長先生の献香・ご挨拶をされて、 それぞれの賞状授与が続けられました。
 皆勤、精勤賞授与の人数が多かった事に感動しました。 それだけ、勉強にスポーツに頑張っておられたのですね。
 卒業されても、建学の精神「以和為貴」 学園訓
 
①感謝(生かされる心)②寛容(信じ合う心)③互譲(助けあう心) を心に留め、大空へ羽ばたいてください。
 4月からそれぞれの新たな道へと歩まれることでしょう。

 第70回 卒業証書授与式
 平成30年3月3日、厳粛に滞りなく式を終え卒業生は在校生、全職員、保護者の拍手に見送られ巣立っていかれ
 ました。 明るく、元気で前向きに取り組んでいってくれる事でしょう。

    




宮中の正月行事として600年以上の歴史を誇る新春恒例の「歌会始めの儀」今年の御題が[語]です。

「和顔愛語」の語
 漢数字の一から四までは、算木を一本ずつ足していくことで数を表しますが、五は、算木を交差させた形です。[五]を含む[語]の字は、言葉が行き交う様子 (口が二つ有)、コミュニケーションの成り立ちをしめしているといえるそうです。 誠心をもって語ることは、祈りに通じるそうです。
まだ言葉を知らない赤ん坊に対しても、一生懸命に語り掛けます。そうすることで 、言葉の表面的な意味以上の何かが伝わると、心の奥底で信じているからではない でしょうか。和顔愛語。本年も皆様と和やかな語らいの時を持ちたいと念じております。



私達の母校、名前が変わって 兵庫大学附属須磨ノ浦高等学校となり
本年 平成30年 創立95周年を迎えます。
佳き年を記念して、会員名簿を発刊することになりましたが、何しろ生徒数も増え、 又、ご結婚でお名前が変わったり、転宅されたり不明の方が多く、出来るだけ正確な名簿を 作成したいと思います。
同窓会、クラス会をされた方で最新の情報を把握されておられる方、 たとえ、お1人でも お知り合いの方にお声掛けくださり、担当 橋本宛にご連絡下さいます様にお願い申し上げます。
卒業年度が解らない時は、生年月日、旧姓、をご記入くださいますように、 宜しくお願い致します。





釈尊成道会

平成29年12月15日  
「成道会」は「花まつり(お誕生日)」、「涅槃会(御命日)」と共に仏教徒「三大聖日」のひとつで、お釈迦様の大いなる「み教え」と偉大な人柄を敬い、仏陀となられたことをお祝いする日です。

アリーナにおいて
讃歌から始まり 献灯・献花・献香・三帰依・さんだんのうた・念仏・讃迎文朗読・成道の歌・講演・恩徳讃・閉式がおこなわれました。

       今日のご講師は
 浄土真宗本願寺派布教使・妙正寺(加古川)住職
            鹿 多 証 道 先生
(須磨ノ浦高等学校の旧職員であらせられました)

 兵戈無用 ひょうがむよう(兵は兵隊、戈は盾と矛のほこの意味)
中国→朝鮮→日本へ 真宗聖典にあります。釈尊は兵士も武器も用いることの無い世界の実現を説かれました。
生きている事でどんなことが必要なのか一番大切なことは何か?いがみあったり、生命を奪い合ったりしてはいけない。
戦争が起こる前に考えてほしい。

 
吾唯足知 われただたれをしる     
私達は欲望を無限にふくらましてはならない。人は心して必要なだけを食べる。 これで充分、つまり「ごちそうさま」 と言える心、のゆとりをもたねばならない。釈尊が説かれた教えであると、他に、スポーツのお話、ご縁のお話、和のお話・・・ 「語」の説明などを伺い三学期をしめくくりました。 生徒さんたちも聞き入っておられました。 私達も有意義なひと時を過ごさせていただきました。


 
            
↓↑ 写真をクリックすると大きく見れます。↓↑
  
  
  

11月3日、恒例の「生活発表とバザー」が開催され、私達卒業生も地下の多目的ホールをお借りして「同窓会」を開催させていただきました。
今年も多数の御来客の中、卒業生も230余名入場されました。今年は、役員の方が体調不良やお仕事で休めない方がいらっしゃり10人程でしたが、前日からの準備に事務所の方々、尾張先生と生徒さんの多大なる御協力によって、無事終えることが出来ました。皆様には感謝・感謝の一言です。お陰様で当日はスムーズにいき卒業生の方も喜ばれて帰られました。来年もお会いしましょうね。

        

  
 今年も恒例の 生活発表とバザーが近づいて参りました。 それぞれの分野でご活躍されたり、子育てに追われたり頑張っておられることでしょう。
 昨今の目まぐるしい世の中に疲れ、戸惑っておられる方もいらっしゃるかも知れませんね。一度足を止めて母校へいらっしゃいませんか? 当時私達もそうであった様にピチピチと青春を謳歌した頃に戻っておしゃべりしませんか?
 今年も例年の様に学校内で同窓会総会が ございます。お友達を誘って、お子様連れも歓迎します。 ご一緒に参加を宜しくお願い致します。 お待ちしております。(お茶とお菓子も準備しています)

        


 平成29年度 睦学園関係物故者追悼会   平成29年9月16日(土)

 献灯・献華・献香・三帰依・・・・・と続いて、ご法話を聴講致しました。
 昨年は、言葉の重さ について貴重なお話をユーモアを交えたお話でした。
 今年は、無情 についてお話を伺いました。客観的な無情、情緒的な無情、 無情とは世界宗教語であり、世の全てのものは移り変わり、何時までも 同じものは無いという。
 浄土
、(仏教)清浄で清涼な世界を指す。輪廻において善行を積んだ者などが 生まれる世界、落ち着いた環境の中、成仏の修行に打ち込める世界とされる。
 人生で大事なものは、時間である。与えられた時間を大事にしなさい。 拝むことは、人として大事。

 ご講師の先生は昨年と同じ先生で   浄土真宗本願寺派布教使 足利孝之先生でした。

お話を伺いながら、亡き河野厳想先生、河野武先生、 河野申之先生、山本先生、3年間担任の桜井先生・・・ 走馬灯のように思い出しながら あっという間に時間が 過ぎてしまったな・・・と思いました。


  


連日の猛暑、皆様お変わりございませんか。 先日来の九州北部の水害は線状降水帯によるもの、あまり聞き慣れない言葉だけれど豪雨が集中して大量に降ったという事なのでしょうか、あまりにも被害が大きいので胸がつまります。又、新潟、北陸、東北南部地方の雨、 何時、何処で、何が起こるかしれないですね。
どうぞ皆様、お身体をご自愛なされこの夏乗り越えましょうね。

       




 

   

 本日のご講師 長谷川慶悟先生
(天台宗念仏山教信寺塔頭法泉院住職)
の辻説法ライブが催されました。


 コントラバスの大きな楽器を まのあたりで演奏されるのを 見たのは初めてで、低音はもちろん高音も奏でられオペラ歌曲や私達の知っている懐かしい歌をピアノ伴奏で演奏して下さり11曲、もううっとり感動しました。生徒さんも私語一つ無く聞き入っておられました。クラシックを鑑賞する機会が有りませんでしたが、今日は十分に楽しませてくださりお釈迦様の教えも、難しい言葉でなく生徒さんにも理解できる言葉で御説法下さり有り難いお花まつりでした。


  ご来賓の方、ご父兄の方、私達も感動のひとときでした。 又、長谷川先生のお母様も当学園(須磨ノ浦高等学校)の卒業生だと伺い本当に不思議なご縁だと感じました。

お花まつりの後、幹事役員会を開催致しました。
  校長先生のお話を伺った後、
  新役員の確認
  昨年の同窓会 反省会に基づき今年の総会準備について話し合いました。


卒業生の皆様 今年も11月3日(文化の日)、12時(予定)から同窓会総会が行われます。
是非ご参加下さいます様お待ちしております。
    


    平成29年4月10日

新入生の皆様

この三年間で建学の精神「以和為貴」を しっかり受け止めて 学業に、スポーツに、 クラブ活動に、夢を持って進んで欲しいと願っています。


  


   

 

第69回 卒業の皆様 

 

ご卒業おめでとうございます。

須磨ノ浦で学んだ 学園訓「感謝・寛容・互譲」を何時までも心に留め、これから 進学、就職と色々な道へ進まれることと思いますが今までの出会いを感謝し、これからめぐり合う出会いを大切に大きく羽ばたいてくださいませ。2月28日の「送別の集い」は本当に楽しい思い出がいっぱい有り懐かしかったですね。(午前中は新旧、幹事の顔合わせが有りました

今年も11月3日(生活発表とバザー)は、同窓会が有りますので是非 学校へいらしてくださいね。お待ちしています。


        

11月3日、恒例の「生活発表とバザー」が開催され、私達卒業生も地下の多目的ホールを お借りして総会(卒業生の集い)を開催させていただきました。卒業生も多数来校され 総会にもお子様もまじえ、校長先生のお話を伺った後サンドイッチやお菓子を頂きながら楽しく歓談して閉会致しました。これを機に同窓生の輪が広がってゆくことを願っております。 其のあと、役員が集まって反省会を終え無事終了致しました。





今年の夏は暑くて異常気象、各地で被害がありました。本当に胸の詰まる思いです。

睦学園関係物故者追悼会    平成28年9月17日(土)  
 献灯・献華・三帰依・・・・・・と続いて、ご法話がありました。
 ① 時間を粗末にするな。
 ② 言葉の重さ
      一つの言葉で、けんかして
      一つの言葉で、仲直り
      一つの言葉で、頭が下がり
      一つの言葉で、笑い合い
      一つの言葉で、流される
      一つの言葉は、それぞれに 一つの心を、もっている、
      きれいな言葉は、きれいな心
      優しい言葉は、優しい心 一つの言葉を大切に、一つの言葉を美しく。
 ③ 麻薬は駄目!
 ④ 人間の一番大事なのは自由である。
 ⑤ 仏様はお香が好きなので、それで焼香する
 ⑥ 手は善にも悪にもなる。
 ⑦ 歎異抄は良い本ですよ
 ⑧ 一期一会
 ⑨ 今日の元気は大事にする。
                  浄土真宗本願寺派布教使 足利孝之先生のお話でした。
   とかく忘れがちな自分自身の心を反省させられるお話でした。
   生徒達も真剣に聞いていました。

 

卒業生の皆様
今年も、恒例の生活発表とバザーが近づいて参りました。それぞれの分野でご活躍されたり、ご家庭で頑張っておられる事とおもいます。今年も例年の様に学校内で同窓会総会がございます。お友達を誘い、お子様連れも可能ですのでご一緒に参加を宜しくお願い致します。



役員の皆様
準備の都合もありますので、校内の多目的ホールへ 9時 集合 とさせて頂きますので、宜しくお願い致します。

                池澤節子

 





今日のご講師は 浄土真宗本願寺派善福寺(鹿児島県)住職・本願寺派布教使 長倉伯博先生のお話をお聞きしました。
「日本の坊さんは何故死んでから出てくるの?本当に余命少ない危ない患者さんに看護・介護は出来ないのか・・・・」というお話から、先生のお話が始まりました。

① 先生は、相手(末期的症状の患者さん)のお話しをよく聞き、辛い事を話すと楽になるからお話しを聞ける人になれ。「大丈夫だよ、辛い事を話してくれて 有難う」 と感謝する気持ち。

② 頑張れ! という言葉は、元気なスポーツ選手や 勉強されている方には好いが、末期患者さんの場合には残酷な言葉である。「よく頑張っているね。」は、相手を褒めている言葉。

③ 私は天寿を全うした、自分の人生を全うした。十分頑張ったから。・・・患者さんからこんな言葉を聞くと嬉しい。

④ 「可哀そう・・」という言葉も駄目! 一生懸命(精一杯)生きた事を褒めてあげる。 何時かは、誰でも、先に逝った会いたい人に又逢える、今は生きる課題を与える。

⑤ 命の見つめ方 この世に生まれて一生懸命生きている。 辛い事が多いが、一生懸命生きるという教えが仏教である。とも、おっしゃられました。

須磨ノ浦の生徒さんは、
ぬくもりと笑みが出来る生徒さんです。と生徒達を褒めて お話を締めくくられました。 ご講師の先生のお話をうまく書き表せませんでしたが、私はとても感動して聞き入りました。 生徒さんも、真剣に聞き入っておられました。 有難うございました。

お花まつりの後、役員会を開催しました。
新役員の確認  昨年の同窓会 反省会に基づき今年の総会準備について話し合いました。

卒業生の皆様 今年も11月3日(文化の日)、12時(予定)から同窓会総会が行われます。 是非ご参加くださいます様お待ちしております。そして懐かしい母校での先生方、友人、先輩、後輩との 出会いを楽しみましょう。参加費は無料です。

                      
        
             
                     平成28年度 新入生の皆様
兵庫大学附属須磨ノ浦高等学校へご入学おめでとうございます。 当校は他校に無い行事等が有り、建学の精神「和」に基づいて 人間的に大きく成長される事でしょう。この3年間で各1人1人の 明るい未来に向かって、学業に、スポーツ、課外活動に悔いなく頑張ってくださいませ。私達卒業生の会も陰ながら応援しています。


           
                          記
                 平成28年 5月14日(土) 12時30分から
        お花まつりの後、幹事会を開きますので、幹事役員の方ご出席を 宜しくお願い致します。
        詳細は追ってご連絡いたします。
              

            
      
今年も恒例の「生活発表とバザー」開催に、来賓・近隣・須磨幼稚園・生徒保護者・中学生・旧職員・卒業生・・・とご来校下さり、開門と同時に生徒達の歓迎の演技に感動されておられました。
           
      
 私達卒業生たちも、校内の多目的ホールをお借りして総会(卒業生の会)を開催させて頂きました。卒業生も225名 来校され総会の方へも多くの卒業生が参加され校長先生のお話しを伺った後、懐かしく歓談された後 閉会致しました。後輩達の学校生活やクラブ活動の発表、生徒による模擬店、ステージ発表、とても楽しいものでした。保護者会による手作り作品・寄贈品販売などもあり、是非 来年も11月3日 又皆様 お会い致しましょう。

恒例の「生活発表とバザー」が 開催されます。 
   平成27年 11月3日(文化の日)9:30~14:30

学校を訪ねたくても、なかなか機会がないと訪ねられませんね。
この日は、ご来賓の方、ご退職なされた先生方、保護者の方、 来春受験の生徒さん、ご近所の方、卒業生の方は 小さなお子様も連れてお見えですよ。
お気楽に参加して下さいませ。 お待ちしております。

               


卒業生の皆様 右上に表示されている 「住所変更・近況報告」もクリックして 開いて見てくださいね。
卒業生の近況等が投稿してくださっています。


     

   7月29日・・・バレーボール 舞州アリーナ(大阪市此花区)
   8月3日 ・・・ソフトボール 守山市民運動公園(滋賀県守山市)
   詳しくは兵庫大学附属須磨ノ浦高等学校の「最新情報」をご覧くださいませ。
    卒業生の皆様お時間がございましたら、是非応援宜しくお願い致します。
 



 


4月10日 393名の生徒さんが、保護者の方に付き添われ雨の中、元気に入学されました。
(私達も懐かしく思い出されました。)

 

        

初めての礼拝、献香、献灯、献花、聖歌隊の美しいハーモニーに驚かれた方も いらっしゃったことでしょう。
新入生宣誓をされて、1人1人心新たに感じ聖典念珠授与され、須磨ノ浦高等学校の生徒としての覚悟を持たれたのではないでしょうか。 そして、進路別のクラス 各教室に入り手続きを済まされて帰宅された事です。


平成27年5月16日(土)


 献灯・献華 左上写真

 

 

 

 

 

 灌仏会(かんぶつえ)下写真
お釈迦様が今からおよそ2500年前にお生まれになったことをお祝する日です。 そこで誕生仏を花御堂に安置し、甘茶を注ぐことから「灌仏会」とも言われます。

 

 講演 三浦 明利先生 下写真
光明寺住職シンガーソングライター。バンド時代には数々のコンテストでグランプリを受賞し、龍谷大学大学院修了、本願寺仏教音楽・儀礼研究所研究生を径て、仏教の心を盛り込み作詞・作曲・演奏活動に取り組んでおられます。
< 演奏曲目>
Asian Soul・ハッピーバースデイ・マーヤーさま・ ナモアミダブツ・花束レクイエム・ふるさと・ ありがとう~私を包むすべてに~・最後にみんなで 恩徳讃を手拍子で信じられない位楽しく 歌いました。

 

◎役員会
・校長先生のご挨拶
・新役員の連絡網の確認
・昨年の同窓会総会の反省会に基づき今年の総会準備について話し合いました。

卒業生の皆様、 今年も11月3日(文化の日)、12時半(予定)から 同窓会総会が行われます。是非ご参加くださいます様お待ちしております。 そして懐かしい母校での先生方、友人、先輩、後輩との出会いを楽しみましょう。 お待ちいたしております。(無料)


    

   卒業生 230余名の方達がご来校くださり、
校内でのクラブ活動、成果発表、生徒による模擬店や
保護者会による手作り作品、寄贈品の販売等多彩なイベントを楽しまれ、
多目的ホールでの総会(卒業生の会)にも多数参加して下さいました。
ご退職なされた先生方、先輩、後輩の方とも和気藹藹と歓談され、
無事 閉会致しました。
これから年末年始ご多忙と存じますが、皆様 お身体ご自愛くださいます様に、
どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。       

★原稿募集★

会員の皆様、近況報告、情報交換や学年会、クラス会、クラブ同好会等の近況を是非ご投稿くださいませ。首を長くしてお待ちしております。学校の事務所 係 橋本さんまでご連絡ください。 

※クラス会・同窓会等で学校を利用したい折は、事務室 橋本までご連絡いただければ、相談に応じて利用可能です。