卒業生の木村モモさんと妹のakaneさんのギター&ピアノコンサートが行われました。




木村モモ氏の略歴

本校の平成16年度卒業。 在籍中はでソフトボール部に入部し、3年連続のインターハイに出場。
平成16年の兵庫県高校総体では兵庫県優秀選手に選ばれる。
引退後ギターの猛特訓はじめ大阪音大に合格。 鷹野誠二氏、藤井敬吾氏に師事。
平成20年大阪音楽大学短期大学部専攻器楽専攻ギター科修了。
第32回日本ギターコンクール大学生の部第3位(銅賞)。
第14回山陰ギターコンクール一般部門優勝。
現在「ブレーメンの音楽館ミュージックスクール」でアコースティックギター講師を勤める。
aunアルバム発売記念ライブ、関西ツアーを行い好評を得る。NHK総合テレビジャズライブKOBEに出演。
FM音楽番組「ギタリストモモ」の音楽制作並びにパーソナリティーとしても活躍中。CDアルバムを3枚リリース。垂水音楽協会会員


木村モモさんが在校生にむけて須磨ノ浦での3年間やこれまでの 体験談などを伝えていただきました。
まとめたものですがご紹介します。



須磨ノ浦での三年間、多くのことを学びました。
ソフト部のモットーでもある「NEVER GIVE UP」 最後まで諦めない勝利に対する執念の大切さ、「全国制覇」という目標に向かって何人もの心を一つにして戦うために、異なる体を心ひとつにするという異体同心の心、そして先輩を敬い、後輩を大切にし、チームメイトを思いやるという感謝の心。
入学して半年程したころ、私はレギュラーになれないと心が折れそうになった時がありました。両親に相談すると「一度始めたことはやりきりなさい」と言われ、とにかく最後まで逃げずに頑張ろうと引退まで頑張りました。
当時の監督がよく仰っていた言葉があります。「私は君たちにソフトボールだけじゃなくて人間学も学んで欲しい」と。 私は社会に入ってこの人間学がとても生かされています。今ではこのことが須磨ノ浦に入って最高の勉強をさせてもらったと思っています。

具体的には、
@あいさつ、A時間厳守、B上下関係の徹底、C勉学第一、D精神的な強さを持つこと、E家族、仲間への感謝の気持ちを持って接することなどです。
これらを身につけ卒業した結果、私は大学で「今時とてもめずらしい」と皆んなから可愛がってもらいました。どんなに技術があろうと、社会に一歩出ればそんなものは通用しない。「人間力」とはこういうことだったんだとしみじみ感じたものです。

 私がプロのミュージシャンになろうと初めて思ったのは中学2年の時でした。
当時、毎日ストリートライブをしては曲を創るという日々を送っており、休み時間は音楽室にこっそり入ってギターを弾いたり、休みの日は音楽の事をしているという生活を送っていました。それほど無我夢中でした。この時の自分自身の心境は今も鮮明に覚えております。「絶対プロになってやろう」と決めた瞬間、とても情熱的で野性的で、全てが新鮮に感じられました。


 そして今思うことは、過去の積み重ねが「今の自分」であるということ。「未来の自分」「今の自分」から出来上がるということです。だから後輩の皆さんには今日からいろんなことに興味を持って、夢に向かって進み始めて欲しいと思います。そして少し頑張ったからといってやめるのではなく、一度決めたら意地でもやるという決心をしてもらいたいと思います。



 私が中2の時に夢にしたプロミュージシャンになるという決心は、音大時代に全国大会で優勝し、結果として出すことができました。19歳の時にはプロとして活動を始め、関西ツアーやCDデビュー、テレビやラジオにも出て自分の番組を持つこともできました。そして更に飛躍するためにはどうすればよいのかということになります。それは一流に触れることだと思います。例えばゲーテやトルストイ、ホールケインなどに接することです。




日本の古典も同じです。そして美術品や絵画、彫刻全ての芸術作品に触れて、自分の感性を磨くことだと思います。また一流と言われた人の対談集を読むのも良いでしょう。そうするうちに自分の中からにじみ出る深い音楽を奏でていけるようになりたい。十年一剣という言葉があります。あと何年かしたら自分に素晴らしい感性が身に付いていると信じています。

こんな言葉を皆さんに贈りたいと思います。
「誰にでも皆、必ず使命がある。自分しかできない使命がある。君の力を必要とする人が必ずどこかにいる。自分しかできないこと、自分が本当にやりたいと思うことがきっとある。それを見つけるためには、まず第一に目の前の現実から逃げないことだ。逃げずに頑張る「癖」をつけることだ。そうやってもがきながら、少しずつでいいから前へ進むことだ。」

                           


★akane (ピアノ)のプロフィール

2011年、大阪音楽大学器楽学 ピアノ専攻卒業。
木村安佐子、松本昌敏各氏に師事。 現在「ブレーメンの音楽館ミュージックスクール」でクラッシックピアノ講師を勤め、数々のピアノコンクールで入賞者を輩出している。
ギタリストである姉、木村モモと「momo & akane 」のユニット名でイベント、コンサート等で活躍中。
垂水音楽協会会員


木村モモホームページ http://kimuramomo.jp/