地域の皆様方及び神戸市環境局・須磨区役所の協力を得て、新入生248 名が
日ごろお世話になっている地域の皆様方との協働による通学 路など本校周辺の清掃活動を行いました。
また、清掃活動にさきがけて、神戸市環境局より「地球温暖化の防止に向けて私たちができる こと」というテーマで、環境学習の講義を行っていただきました。


  1.日 時  平成25年5月8日(水曜)9時〜11時40分
  2.内 容  1 環境学習 9時〜9時50分 テーマ「地球温暖化の防止に向けて私たちができること」
            環境局職員による講義(場所:体育館)
          2 クリーン作戦 10時20分〜11時40分
            地域住民との協働による学校周辺の美化活動(5コース)




 【神戸新聞5/9掲載記事内容】
 


地域と協力、清掃活動 
須磨ノ浦女子高 環境問題学ぶ

須磨ノ浦女子高校の1年生と地域住民が協力して清掃活動に取り組む「私たちの美しいまち大作戦」が8日、同校周辺であった。
生徒248人が環境問題について授業で学んだ後、住民らとごみ拾いに汗を流した。
新入生に地域への愛着を育んでもらおうと毎年実施され、3年目。
まず生徒らは市環境局職員の授業を受け、全国で排出されているごみの量や、ごみを34種類に分別回収している徳島県上勝町の事例を学んだ。
続いて、近隣自治会のメンバーと学校周辺の道路や歩道で路上に捨てられたたばこの吸い殻や空き缶を回収した。
竹川紀花さん(15)は「私たちができることで環境問題の解決に貢献していきたい」と話していた。(村上晃宏)