龍谷総合学園「仏教×SDGs」に参加しました

龍谷総合学園による「利他の精神」醸成と「まごころある国際人」育成の一助として実施するプロジェクト「仏教×SDGs」がオンラインにて8月21日(土)に開催されました。
当日は23校の学生がそれぞれのテーマについてアクションプランを考案し、パワーポイントで発表しました。

※「仏教×SDGs」は、仏教およびSDGsについて深く理解し、宗門校に学ぶ私たちにできることを行動として実現することで、「誰一人取り残さない」というSDGsの目標達成に向かって行動する『まごころある国際人』の育成を目的としたものです。

私たち兵庫大学附属須磨ノ浦高等学校は「SNS〜対話・コミュニケーションの可能性〜」とSDGs12番目の目標である「つくる責任つかう責任」について、自分たちにできる問題解決、克服に向けてのプレゼンテーションを行いました。
人との関わりを大切にし、自分たちで出すゴミを減らしてリサイクルに繋げていく、といった内容です。
全体発表後は、プランのプッシュアップに向け全員で協議し、意見交換や質問を行って最終的には一つのプランに統合させました。