住所変更・近況報告

鴎翠会では、須磨ノ浦を巣立たれた皆様の近況をお聞かせください。
「住所変更」「今こんな仕事をしています」「こんな活動をしています」「結婚しました・子どもが産まれました」という様な報告やPR、 「同窓会を開催します」という様な伝言板代わりに。 自薦・他薦問わず募集しております・お気軽にご連絡ください。

なお、投稿された内容は鴎翠会のページにて掲載される場合がありますのでご了承ください。

近況報告がありました

★平成7年卒 竹内(旧姓 荻原)様より2021.04.15

卒業してもう、こんなに歳いきました。娘は、先月母校を卒業し、大学へ進みました。娘と離れて過ごしてます。
コロナ禍看護師と言う立場で娘の卒業式すら見に行けず、日々患者様と向き合ってます。コロナ患者を目の前に、怖さとかは1度も感じた事なく、ただ1日も早く治ると信じて日々自分や家族に感染しない為頑張ってます。いつか、コロナが終息したら、娘にも会いに行き、皆んなで楽しく食事をしたいです。今は、ただ命を守る為、命を救う為に日々過ごしてます。
未来を信じて明るい日本経済が来る事を信じて皆様のご活躍を祈ってます。

★2021年卒 下垣様より2021.04.7

今日から看護学生生活始まりました!!!夢の看護師に近づく1歩を踏み出せてうれしいです。
この日を迎えれたのは沢山の先生方のおかげです。
大学生活始まって新しい環境で新しい友達で慣れないこともあって高校に戻りたいなって思うことがいっぱいあるけど4年後には立派な看護師になって絶対絶対報告に行きます!!!待っててください!

★2018年卒 堀川(旧姓 平)様より2021.03.27

去年結婚し、子供も産まれました。子育ての大変さを身に染みて感じてます。
現在は育休中ですが復職したらまた介護の仕事をします。高校時の実習やボランティアは正直キツかったけど、働いてみるとそれもまたいい思い出だなと思います。
高校時代を振り返ると本当に本当に楽しくてあっという間でした。学生時代に戻れるなら、もう少し勉強に取り組みたかったかなと思います。
厳しい高校だと思って嫌になることもあったけど、今となってはそれさえが楽しかった思い出です。

★2018年卒 銭谷様より2021.03.26

母校を巣立って3年目になりました。高校生の時は先生に沢山迷惑をかけました。
先生方の怒ってくれる有難みや優しさを社会人になり気付きましたし身に染みました。
高校卒業後は美容専門学校のウエディングプランナー科に入学し、2年間の学生生活を過ごしてから、ジュエリーアドバイザーとして去年の4月にブライダル業界に就職しました。仕事は訳あって半年で退職してしまいましたが、今は資格を取る為に勉強しながらフルでアルバイトをしています。
またコロナが落ち着いたら久しぶりに大好きだった先生に会いに学校に遊びに行こうと思います!

★平成15年卒 切原様より2021.03.08

晴れの日と、曇の日は、釣りに、行っています。長崎県で楽しく毎日を過ごしています。

★平成17年卒 福田様より2020.12.19

垂水区に引っ越してもう10年が経ちました。須磨の浦高校(当時は須磨の浦女子高校)に入学した時は、凄くワクワクしていました。その一方で、友達ができるか不安だったけど、多くの先生方や、友達に会うことが出来て、凄く嬉しかったです。毎年の生活発表とバザーのビューグルコーのオープニングセレモニーは、凄く素晴らしいものでした。今年は、コロナウイルスで生活発表とバザーが中止になって残念だけど、来年こそは、開催してほしいと思っています。

★昭和58年卒 後藤(旧 桐田)様より2019.1.28

卒業して35年以上が過ぎました。4人の娘たちも独立し、今はひとり、福祉の仕事をしています。少し余裕が出来たのでさらなるスキルアップを考えて通信制の大学に行こうと考えて学校のホームページを見ていました。娘4人中3人が同じ仕事をしています。負けられません。

★昭和43年卒 10・11組「なでしこ会」様より2017.12.7

昭和43年卒 10・11組「なでしこ会」様より27,442円の寄付をいただきました。
ありがとうございました。

★26回生「還暦同窓会」世話人一同より2015.12.8

還暦同窓会が開催いたしました。


★5秒ごとに画像がスライドします★


菊の花の香り高い季節11月14日(土)昭和48年度生還暦同窓会を開催いたしました。先生9名をはじめ、総勢61名の参加をいただき、懐かしい声にたちまちあの頃に戻って昔話に花が咲きました。あの頃若かった先生方もそれぞれご高齢になられてはいたものの、老後の生活を生き生きと過ごしておられました。 当時の校長先生は河野申之先生でしたが、その御子息の現校長先生河野幸星先生より御挨拶を賜り、現在の須磨ノ浦高等学校についてお話を聞かせていただき、その上一人ひとりにプレゼントまでご準備いただき、一同感激いたしました。ありがとうございました。
まずは、中西先生の案内で校内見学から始まりました。老体には少々こたえましたが、新しい教室や私たちの時代とは違った設備を見せていただきました。その後カフェテリア(私たちの頃には「学食」)で福島愛之先生の乾杯(学校内なのでアルコール禁の為、お茶)で始まりました。先生お一人お一人からスピーチをいただき、日々ゴルフを楽しまれている先生、お米を作られている先生、無農薬のため虫と戯れている先生、住職をされている先生、女性の先生方は今も変わらぬ美貌を保たれていました。お寿司、サンドイッチ、オードブルなどをつまみながら談笑が続きます。卒業生も一人ひとりマイクを持ち、旧姓と組を言って近況を話すと先生から「あ~」と声があがっていました。さすが女性ばかりで皆さん多弁です。生まれた昭和30年から懐かしい出来事とともに振り返ることになり、人生60年いろいろなことがあったなと。そして20年前平成7年1月17日、私たちが3年間通ったあの学舎に起こったこと、阪神淡路大震災のことになり、当時の状況を先生方からうかがい、あらためて自然災害の恐ろしさを痛感いたしました。私たちが通った学舎も「睦学園」という塔も今はありません。学校名も須磨ノ浦女子高等学校から兵庫大学附属高等学校(平成26年)と改称されました。けれど私たちが学んだ「和を以って貴しと為す」和の精神は今もしっかり受け継がれ、宗教的情操教育を基盤に国際性や独創性が養われ、素敵な大和撫子の後輩たちが育っているそうです。昔を懐かしみ、現在を見つめながら会はお開きの刻をむかえました。「来て良かった!」「また会いたい!」と全員の声をいただき「還暦同窓会」42年ぶりの再会を終了いたしました。
この還暦同窓会に御用忙にも関わりませずご出席を賜りました9名の先生方ありがとうございました。お会いできたことを大変うれしく思っております。開催準備にご協力をいただいた先生には心より御礼申し上げます。ありがとうございました。
ご参加いただいた卒業生の皆様には不備な点も数々あったかと思いますが、最後までご協力いただき、いろいろな感謝の言葉、ねぎらいの言葉までいただきこの会を開いて良かったんだと世話人一同、安堵いたしました。ありがとうございました。これを機に、同窓生の輪が広がり、再び集まることができれば幸いです。
個人情報の関係上、充分な連絡網ではなかったですが、ご協力をいただいた方々には本当にお手数をおかけしました。お知らせできなかった卒業生の方々にはまことに申し訳ありません。深くお詫び申し上げます。
秋が深まり老体には寒さが堪える季節になりました。60歳でこれから人生再スタートです。また、元気な笑顔でお会いしましょう。

26回生「還暦同窓会」世話人一同

★卒業生 松本 香(旧 二宮)様より2015.8.4

還暦同窓会のお知らせ

暑中お見舞い申し上げます。
皆さまには、ますますお元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。
さて、私共、本年は還暦を迎えることとなり、ひとつの区切りとして還暦同窓会を予定しております。
第26回生、昭和48年度(昭和49年3月卒業)で昭和30年4月生まれ~昭和31年3月生まれの皆さんです。
ご多忙とは存じますが何とぞご出席くださいますようご案内申し上げます。

盛夏

●日時:平成27年11月14日(土) 11:00~14:30

●場所:母校 多目的教室

●会費:5,000円

尚、準備の都合上、ご出席くださる方は連絡お願い致します。又、個人情報保護のためハガキ等でのご案内はしておりません。

●連絡先
齊藤賀代子(旧 片岸)080-3101-3851

松本 香(旧 二宮)090-7359-2610

★平成6年卒業生 玉置真美(旧 木戸)様より

・息子が高校生になり、昔を振り返ることが多くなりました。楽しかった事辛かった事を含め大事な3年間だったと思います。二人目の子が女の子で今、中学1年生でバレー部に入部、レギュラーでポジションはセンターをして、母校の活躍を見聞きし、尊敬と憧れを抱いております。三人目の子供は来年小学生になる娘で、私が子育て終了となるのにはまだまだ先の長く、てんやわんやで毎日を過ごしています。
そんな三人の親をいろんな人に支えて貰いながら頑張っています。

★昭和59年度卒業生より

・早いもので、母校を巣立って30年。 現在は、結婚と同時に、住み慣れた兵庫から離れて、埼玉に住んでいます。 子供は二人、上は中2、下は小3のちょっと年が離れています。 私は、パート勤めしながら、家事と育児と、地域活動等をしていて大変ですが、楽しく充実しています